5日線との攻防

5日線との攻防 に関する記事です。
各指数、抵抗線化した右下がりの5日線に抑えられていますが、

5日線の右下がり角度からすると下落過程の斜面にすぎないため、期待持てる状況ではありません。

しかし、NY続伸があったにせよ、前場で粘っただけ立派な方です。

寄付きから続落してもおかしくはなかったので。

ここから反転して下ヒゲを描いて、右上がりの5日線の傾きにブレーキがかかり、

更に今週は明日木曜で終わるという買いにくを乗り越えて、明日にも5日線上に浮上できたら粘ってた意味があったとも言えます。

5日線は5日間の平均値ですから、ここ数日粘ってるからこそ、上昇時には何とかブレーキがかかりやすいのです。

続落過程での反発は、焼け石に水でぶれがかかりません。

下ヒゲつけて下げ止まるなら今日が好ましいと言えます。

右下がりの5日線とボリンジャーバンドのマイナス2σと並走した続落は地獄ですが、

空売り族には楽園です。

今の局面は楽観要素の方が小さく、日経平均が3/17の安値14203円を割込んだ場合を考えると、

大底狙いなど、無闇に買いに走るのはリスクが高いでしょう。

メンバーズページでは、空売り銘柄の一覧があります。

興味ある方は、メールをどうぞ。







関連記事

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuwave.blog109.fc2.com/tb.php/271-0f06e1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック